脊柱管狭窄症とはどのような病気?

脊柱管狭窄症には、大きくわてて三種類のタイプがあります。

一つは、神経根型で二つ目は馬尾型です。

もう一つは混合になり、二つのタイプが混じったタイプです。

脊柱管狭窄症があらわれる場所により、頸部と腰部に分類する場合もあります。

この病気は、50代から80代に多く見られ、女性よりも男性の患者が多いのが特徴になります。

症状としては、じっとしているとあまり痛みを感じなくてもある程度の距離を歩くと腰などに痛みを感じます。

その他に、長時間あるくと継続して歩きにくくなり休憩をするとまた歩行がしやすくなる特徴があります。

前かがみの状態で少し立ち止まると、かなり楽になるのもこの病気の代表的な症状です。

これらは、神経を圧迫している事も原因になります。

痛みはなくても、脱力感を覚える方もいるので、これらの症状があれば脊柱管狭窄症の疑いがあるので専門医に診察をしてもらいましょう。

なるべく早く診断をして、治療を開始する事が重要です。

この疾病は、患部の神経の通っている箇所が狭くなる事が主な原因と考えられます。

特徴としては、患部から下肢への神経が圧迫されている可能性が高くなります。

脊柱管狭窄症は、痛みや幹部のはりを感じるのが大きな特徴です。

また、脊柱管狭窄症の特徴としては、加齢と共に症状が悪くなる方もいますが、急激に進む疾病ではない事です。

脊椎狭窄症は、おこる場所によって名称が異なるのが特徴で、主に三つに分類されます。

主な症状としては、代表的なものとして椎間板ヘルニアに似た症状が現れるので、正確な診断については医師の診察が必要です。

脊柱管狭窄症になるといずれも歩行すると足や腰が痛くなり、しばらく休憩すると歩けるようになったり腰の痛みも安静にしていると軽くなるのが特徴で。

これらについては、このサイトが参考になります。

脊柱管狭窄症による症状を見る

この病気の症状として、背筋がまっすぐに伸ばせないなどの特徴があり、伸ばそうとすると痛みを感じる方がかなりいます。